Scratch(スクラッチ)でタブレット利用を快適にするコントローラーを作る方法

このページでは
タブレットからのキー入力に対応していないスクラッチ3.0を便利にするコントローラーの作り方をご紹介します。
当記事では、キーボード入力に対応していないScratch3.0をタブレットで操作する方向けに、タブレット用のコントロールボタンの作り方をご紹介します!
2019年1月、ついにタブレット端末からの操作に対応したScratch(スクラッチ) 3.0がリリースされました。
 
しかしそのScratch 3.0ですが、タブレットで操作した際に、キーボード操作に対応していないんです!
 
そうなると、十字キーなどでスプライトに指示を出すことができない、という非常に困った事態になるのです。
 
そんな時に必要となるのが、タブレットでもゲームをプレイできるようにするコントロールボタンです。
 
早速作り方をご紹介しましょう!

STEP1:Scratchで十字ボタンとA・Bボタンのスプライトを作る

まず最初に、必要なボタンのスプライトを作成してください。
 
十字ボタンは矢印で方向を示しても良いですし、デザイン性を重視してもOKです。
ここでは、こどもの認識率を上げるため、矢印を表示するようにしました。
 
A・Bボタンについても、お好みのボタン名をつけて構いません。
文字は無粋、というならばこれも色分けだけでも良いかもしれませんね。
これでスプライトの準備は完了です。

STEP2:Scratchでコントロールボタンにプログラミングする

それでは、まず簡単な「Aボタン」を例にプログラミング します。
 
本当に簡単なプログラミングで、以下の2つのブロックを組み合わせます。
  1. このスプライトが押された時
  2. メッセージ1を送る
その際、「A」などの新しいメッセージを作成し設定してください。
 
あとは「Aのメッセージを受け取ったとき」ブロックから始まる処理を他のスプライトに設定するだけ。
これでAを押すとアクションが取られるようにプログラミングできました。
 
これと同じように、Bボタンや方向ボタンなども設定して、実行してみましょう。

STEP3:長押し時に連続して動くようにプログラムする

上記のプログラムを組んで、何かスプライトを動かしてみましょう。
 
すると、十字ボタンをタップしても、長押しタップしても、変わらず1歩だけしか動かない!ということになりませんか?
 
このままでは十字ボタンですら連打が必要になり、使いにくいですね。
 
そこで、以下のようにプログラミングしてみてください。
制御ブロックの「〜〜まで繰り返す」ブロックの中に、演算ブロック「〜ではない」を入れ、さらにその中に調べるブロック「マウスが押された」を入れました。
 
これは、このスプライトが押されてから、マウスが離れるまで、メッセージを送り続ける、ということになっています。
すなわち長押しタップしている間はメッセージを送り続けるようになります。
 
あとはメッセージを送る感覚などで運動量を調整してくださいね。

これでタブレットでもScratch(スクラッチ)が楽しめる

いかがでしたでしょうか?
非常に簡単ですが、一味ブロックを加えることで、使いやすいコントローラーが完成しました。
 
これでタブレットからでもどんどんゲームを遊ぶことができますので、親子でゲーム制作を楽しんでください!
 
ちなみに、PCからの動作も可能とするため、タップ→メッセージという流れだけでなく、従来通りの「◯◯キーが押されたとき」もスプライトには設定しておきましょう。
 
それによってタブレット・PCどちらからでもプレイできるようになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です