【英語絵本】楽しくイースターを知る:Hop! Hop!

楽しくイースターに触れる「Hop! Hop!」

キリスト教圏の春の一大イベントといえばイースター(Easter)!!

英語絵本の読み聞かせをするなら、積極的に海外の文化についても知りたいですよね?

このページでは、1〜3才くらいの小さなお子さんと楽しめるイースター(Easter)関連の英語絵本「Hop! Hop!」をご紹介します。

こどものツボを押さえた英語絵本

こどものツボを押さえた

このLeslie Patricelli(レスリー・パトリセリ)さんの絵本は、いくつか和訳も出ている人気のシリーズ。

表紙のオムツ一丁の赤ちゃんが主人公なんですが、基本オムツ一丁。こどもたちが大喜びするツボを押さえてますよね。

オムツ一丁といっても決して下品でなく、絵もカラフルでかわいいタッチ。

絵もはっきりしていて、ボードブックになっているので、小さなお子さん向け英語絵本ですね^_^

イースターエッグ作りを楽しもう!

イースターエッグ作りを楽しもう

このHop! Hop!では、まずイースターのシンボルであるイースターエッグ作りから始まります。

イースターエッグ作りでは、まずタマゴをさまざまな色で染めていきます。赤、青、黄色、緑、オレンジ、ムラサキといろんな色が出てきます。

読み進める際には、これは何色かな?きいろと赤を混ぜると何色かな?といった質問を投げかけていくといいですね^_^

3周もすると、子供はすぐに覚えちゃいますので、親もとっても嬉しくなりますよ。

イースター文化が盛りだくさん

イースターエッグ作りの次にも、どんどんイースターならではの慣習が出てきます

もう一つのシンボルであるイースターバニーの耳飾り作りであったり、

イースター定番のゼリービーンズチョコレートバニー

そしてバスケットいっぱいのプレゼント!!

イースターの絵本はいくつかありますが、イースターならではのアイテムが一番網羅されているのがこの本ですね♪

最近はカルディなどでイースターのおやつも簡単に手に入りますから、お話を読んだ後はぜひあなたのお家でもイースターをやってみてはいかがでしょう?

最後はやっぱりエッグハント!

最後はエッグハント!

そして絵本のクライマックスは、やはりイースターといえばこのイベント、「エッグハント」です。

こどもたちも「ここだよ!」「こっちにもあるよ!」と楽しくBabyに教えてあげながら読むことができるので、とっても盛り上がる部分ですね。

最初から最後まで、こどもたちに読み聞かせて、楽しませることが考え抜かれた本になっているので、イースターの英語絵本ならまずこの本をオススメしたいくらい良い本です^_^

是非あなたのお子さんとHop! Hop!でイースターを楽しんでください!

▼他のイースター英語絵本をお探しなら

イースターにおすすめの英語絵本の紹介Top page 絵本を英語で楽しもう!イースターに読み聞かせたいおすすめ英語絵本

▼オススメの英語絵本シリーズをお探しなら

こどもに読み聞かせたいオススメ英語絵本 【絵本を英語で楽しもう!】こどもに読み聞かせたいオススメ英語絵本 10選

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です