こども自転車:ヨツバサイクルの簡単カスタム | ペダル交換レビュー

大人気のキッズ自転車「ヨツバサイクル」のカスタマイズ例:簡単ペダル交換!

大人気のキッズ自転車「ヨツバサイクル」、公園で乗っていると、「おっあの子も同じだ!」と見かけるようになってきました。

同じ自転車を見かけると、だんだんとカスタマイズしてみたくなってきますよね?

でも自転車のカスタマイズって何やら難しそう・・・そんなあなたには誰でも簡単にできる「ペダルのカスタマイズ」をおすすめしたいと思います。

カスタマイズって難しそう、と感じる自転車初心者ファミリーでも簡単にできるペダル交換について、我が家の2台のヨツバサイクル(20インチと16インチ)を例にご紹介します。

一手間かけるだけで、子供っぽさが少し抜けてカッコ良く仕上がりますので、是非実践してみてください!

Sotarosso

▼人気のヨツバサイクルが気になるあなたはこちらもチェック

こどもの自転車デビューなら断然『ヨツバサイクル』がお勧めな訳

1.ペダル交換に必要なもの

ペダル交換に必要なもの

ペダルを交換といっても、用意するのは3つだけ!!

  1. ペダル    1,500円位~
  2. ペダルレンチ 1,000円前後
  3. グリス    1,000円前後

本当にこれだけです。ちょっとハードルが下がりませんか?

ペダルにどこまでお金をかけるか次第ですが、4,000円くらいからカスタマイズを楽しむことができます

カッコいいヨツバサイクルをさらにかっこよくできるというワクワクが止まりません。

自転車ショップに持ち込んで有料(500円位~, 要問合せ)で交換してもらうのも一つですが、②③はその後のメンテナンスでも長く使えますし、複数台カスタマイズするならお得ということで、我が家ではこの機会に道具も揃えてみました^_^

2.ペダルの選び方&おすすめペダル

①ペダルの選び方とおすすめ

さっそくカスタマイズを進めるにあたって、まずはペダル選びですよね!1番ワクワクするところです^_^

ただ今回調べて分かったのは、子どもでも使いやすそうなペダルの情報って少ないこと少ないこと。。

そこで実際に使ってみたい!と感じたもので、レビューの評価も高いペダルについて、ペダルの選び方といっしょにまとめました。 あなたとお子さんのペダル選びの参考になれば嬉しいです^_^

②我が家のおすすめペダル MKS 「BM-7」

こども用自転車をカッコ良くカスタマイズ!!オススメのペダル5選

今回我が家が選んだペダルは、MKS(三ケ島製作所)という会社の「BM-7」というペダル。

簡単に特徴をまとめてみると、

ヨツバサイクルとの組み合わせがカッコいい!!!

BM-7を購入することになった決め手は、シルバーボディに側板のカラーメッキとそのデザインです。

ヨツバサイクルの黒いクランクセットとブラックリムに、ワンポイントで輝くペダル、、、想像しただけでもかっこいい!

(取り付け写真を掲載してますが、ちょっとポップでかわいいヨツバサイクルが、きりっと大人っぽく仕上がりました!!)

6色のカラーラインナップ

MKS製品はシルバー基調の製品が多いですが、BM-7は6色展開なのもGood

シルバーの軸に、レッド、ブルー、ブラック、ゴールド、カッパー、シルバーの6色の側板がいい味を出しています。

どれもきれいな色をしていて、目立ちすぎず優しすぎず、イイ感じの差し色になりますよ^_^

安価なのにMade in Japan品質!

さらにMKS製品は、信頼のMade in Japan品質!!!

高品質のペダルはくるくる回って、靴への食いつきも良く、おまけにデザインもかっこいいとサイクリストに評判です。

自転車のペダルって、調べてみると、ちょっと品質にこだわるには5,000円以上が相場になっているようなんです。

2,000~3,000円価格帯となると当たりハズレがある、というレビューが多いのですが、MKS製品は1,000円位から3,000円程度から買えるのに当たりハズレのない高品質のペダルを提供してくれる、良心的な会社なんですね。

今回、我が家でも長男・次男様に2セット購入しましたが、どちらもくるくる気持ちよく回ってくれています^_^

サイズもキッズ自転車に丁度いいバランス

「BM-7」のサイズは、踏み面のスペック:98mm x 61mmと、足の横幅方向に広く、縦幅方向に短い仕様。

MTB用のちょっとグリップの効くペダルとなると100mm x 100mmなどが多かったりするので、このサイズだとキッズ自転車にもピッタリ

数字だと縦幅が短く感じますが、かといって踏み外すほど小さくなく、むしろ程よい靴裏への引っかかり。足を滑らすことなく、普通のペダルよりも走りやすいようです。

16インチの自転車に取り付けても不格好でなく、シュッとした雰囲気を出せるので気に入っています^_^

ちなみに、BM-7の軸のサイズは通常9/16インチになっています。(1/2もショップ経由ならオーダー可能!

我が家のヨツバサイクル(20インチ、16インチ)は9/16インチなので問題ありませんが、キッズ自転車は1/2インチという異なる規格だったりするので、注意してくださいね。

今回ご紹介したおすすめペダルはこちら

created by Rinker
ミカシマ(MKS)
¥3,491 (2020/10/28 02:53:06時点 Amazon調べ-詳細)

3.ペダルレンチとグリスを用意する

ペダルとグリスを用意する

ペダルレンチの種類とおすすめ

自転車用のペダルは、ペダル交換専用のペダルレンチ(15mm)がおすすめ

15mmのスパナでも対応可能ですが、モンキーレンチは幅があって使用できない可能性があるので、ご注意ください。

まれにレンチ・スパナをかける部分がないものもありますが、その場合はアーレンキー(六角レンチ)で対応ができるようになっています。 購入するペダルに対応したものを選びましょう。

大半のペダルはペダルレンチで対応でき、MKSの製品もペダルレンチでOKです。

我が家ではAmazonでのレビューがもっとも多い「PWT ハイトルク ペダルレンチ PW01S-163」を購入!

※大変残念ながら、Amazonでは2020年2月7日現在、PWTのペダルレンチが無くなってしまいました。。

ということでその他欲しいと思ったペダルレンチをご紹介!

おすすめペダルレンチを厳選紹介

created by Rinker
BIKE HAND (バイクハンド)
¥1,210 (2020/10/28 02:53:06時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
ホーザン(HOZAN)
¥2,155 (2020/10/28 02:53:07時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
PARKTOOL(パークツール)
¥1,664 (2020/10/28 13:59:45時点 Amazon調べ-詳細)

PWTのペダルレンチで、ちゃんと外すことができました^_^ 紹介した他のペダルレンチを選択しても、どれも評判がいいので大差はないようですので、気に入ったものを購入しましょう。

注意
屋外保管で固着してしまい、外れないケースもあるようです。 ちょっと堅そうだなと思ったら、場合によっては自転車ショップにお任せするのも正解かもしれません。

グリスの種類とおすすめ

ペダルをクランクのねじ部分に取り付ける際、ペダル側のねじ部分に固着防止用としてグリスを塗るようにしましょう。

グリスも評判のものを選べば機能面では問題ないですが、使用感についてはかなり好みの世界

我が家では、最終的に行き着くというレビューも多い「フィニッシュラインのテフロン強化グリース」を購入。

おすすめグリスを厳選紹介

created by Rinker
シマノ(SHIMANO)
¥1,236 (2020/10/28 02:53:08時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
PARKTOOL(パークツール)
¥901 (2020/10/28 02:53:08時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
フィニッシュライン(FINISH LINE)
¥1,548 (2020/10/28 13:59:45時点 Amazon調べ-詳細)

4.ペダルを交換してみる

ペダルの交換方法(外部リンク)

ペダルの交換方法は、プロショップがYoutubeにたくさんアップしているので、そちらを参考にしました。

こちらはY’s Roadさんのペダル交換動画です。非常に丁寧に説明してあり、分かりやすかったです。

(Y’s Roadさん、ありがとうございます!)

ペダル交換してみた

手順1
ペダルを外す
動画の要領で、進行方向と逆回転でペダルを外しましょう!
手順2
古いグリスを拭き取る
古いグリスを拭き取る

ペダルを外したら、クランクのネジ部分に残った古いグリスをウエスやタオルで取り除きましょう。

手順3
ペダルの左右をチェック
ペダルの左右をチェックする

クランクを綺麗にしたら取り付け!

まずはペダルには左右があるので、必ず確認して進めましょう。

MKSの場合はR(右)とL(左)の表示がありますね。

手順4
ペダルをグリスアップ
ペダルをグリスアップする

左右を確認したらペダルのネジ部分をグリスアップしましょう。

どうせ溢れた部分は拭いてしまいますが、しっかりとグリスアップしていきます。

手順5
ペダルを取り付ける
ペダルを取り付ける

あとは再び動画の要領で、ペダルを締めていくだけ。

最初は手で回し、最後はペダルレンチでトルクをかけたら完成!

想像通り黒いクランクセットにアルミの光沢が映える!!

いかがでしょう。本当に簡単にペダル交換ができました!

5.さっそくカスタマイズした自転車に乗る

ヨツバサイクルのペダルカスタマイズ!

今回はペダルをカスタマイズしてみましたが、「ヨツバサイクル x ミカシマペダル」の組み合わせは想像以上にカッコ良く仕上がって、こども達も親も大満足の仕上がり!!

ポップなヨツバサイクルに、MKSペダルのシルバーと差し色の光沢感が全体を引き締めてくれますね^_^

早速近所の公園へ繰り出してみましたが、今までだとペダルをたまに踏み外していたところが、滑るケースがなくなったようで、こどもたちも大喜び!

ちょっと心配していた靴へのダメージもなく、乗り心地もいい感じとのこと!

たかがペダル、されどペダル。おしゃれだけでなく、乗り心地も向上するペダル交換、是非あなたもやってみてはいかがでしょうか?

(MKS以外にも、もしおすすめペダルあったらご連絡ください♪)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です