【英語絵本レビュー】THE ABC BUNNY ー クレヨンハウス・ブッククラブで届いた本

我が家ではクレヨンハウスのブッククラブ「絵本の本棚」という定期購読サービスを利用しています。

こどもたちが小さい頃は日本語の絵本コースにしていましたが、小学校の図書館などもあるので、長男の小学校入学に合わせて英語絵本コースに切り替えてみました

この日本語絵本は届く内容がWEBでも見れますが、英語絵本コースは毎月のリストが明確に決まっていません。

なので、こんな本が届くんだ!という参考になれば嬉しいです。

有名な絵本もありますが、「さすがクレヨンハウス」といった隠れた名作まで届けてくれる良いサービスだと思って継続中です♪それでは、早速ブックレビューに入りましょう^_^

Sotarosso

▼クレヨンハウス・ブッククラブで届いた本「Say Hello!」
クレヨンハウスの定期購読サービスで届いた英語絵本「SAY HELLO!」【英語絵本レビュー】SAY HELLO! ー クレヨンハウス・ブッククラブで届いたおすすめ本

▼クレヨンハウス・ブッククラブで届いた本「1 is One」
英語絵本「1 is One」【英語絵本レビュー】1 is One ー クレヨンハウス・ブッククラブで届いた本

クレヨンハウスから届いたアルファベット英語絵本「The ABC Bunny」

本日ご紹介する英語絵本はこちら。

created by Rinker
¥1,685 (2020/10/28 13:45:05時点 Amazon調べ-詳細)

1933年に出版され、アメリカのニューベリー賞(アメリカで出版された児童書の中で、もっともすぐれた作品に贈られる権威ある賞)の受賞作。

タイトルの通り「アルファベットを覚える絵本」です。

アルファベットの絵本というと、最近は色づかいもはっきりして、カラフルなボードブックが多い印象。

しかしこのThe ABC Bunnyは、表紙からわかるように古風なタッチの作品で、中も絵はモノクロです。

こうしたタッチの絵は好みが分かれるところだと思います。

ストーリーがしっかりあるアルファベット絵本

絵は渋いですが、中を開けて読んでみてびっくり。

アルファベット絵本なのにストーリーがある!!!

これって結構珍しいですよね。

物語はタイトルの通りウサギのお話。

巣でゆっくりしていたウサギがひょんなことから飛び出し、冒険の世界へと旅立ちます。

その道中で出会う生き物たちだったりが、しっかりとアルファベットの順で登場・描かれていてスゴいです。

単語としては、日本人の英語初級者には??のものもチラホラ出てきますが、親も辞書を引きながら読みました。

表紙裏のそで部分に、導入はこんなように書かれていました。

An unfortunate accident with an Apple drives Bunny from Bunnyland to Elsewhere. Every letter in the alphabet is represented in Bunny’s journey, …

絵のインパクトが強いので最初はん〜という感じでしたが、案外引き込まれて行きました。そこら辺はさすが受賞作、といったことなんでしょうか?

曲もついて楽しめる英語絵本・・・?

The ABC Bunnyには本の内容を歌いながら楽しめるよう、楽譜が書かれています。

ただ、長い上に、正直微妙。。。なんですが、ヘンテコリンで子どもにはウケますw

Youtubeにアップしている人もいるので、興味ある人はチェックしてみてください。

著者の姉妹が作った曲だそうです。

絵を気に入った方はぜひ

個人的には、アルファベットを学ぶだけであれば、日本の絵本なんかも面白いので、ちょっと高い英語の絵本を購入しなくても、とは思いました。

ただ最近は目にすることも減ってきたタッチの絵本なので、お子さんが気に入ったら、ぜひ何度も読んであげてください。

自分で積極的に買うことのなかった英語絵本を送ってくれるのも、定期購読サービスの利点ですから、積極的に色んな読書を楽しんではどうでしょう。気になる方はクレヨンハウスのHPまで。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

Sotarosso

▼本日ご紹介した本はこちら

created by Rinker
¥1,685 (2020/10/28 13:45:05時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です